よくある質問

Kiiteは、どうやって楽しめばよいのでしょうか?

まずは上の「Radar(レーダー)」を押して、世界最先端の楽曲鑑賞・探索インタフェースをお試しください。Vキーを押して動画を拡大して再生しながら、→と↓のキーで次々と試聴し、気に入ったらEnterキーを押せば、「お気に入り楽曲」に追加できます。フィルター機能(Fキー)、類似した曲の表示機能(Sキー)、レーダー画面をクリックする曲調選択機能も便利です。

登録した「お気に入りのプレイリスト・楽曲・クリエイター」は公開されますか?

楽曲をお勧めする「キュレーション」としてKiite上で公開されます。非公開に設定することはできません。

視聴履歴は公開されますか?

楽曲をお勧めする「キュレーター」の視聴履歴としてKiite上で公開されます。非公開に設定することはできません。「Radar(レーダー)」を使うと視聴履歴が多数の楽曲で埋め尽くされるため、他のユーザーの視聴履歴を見て「各楽曲が意図的に再生されたのか」「自動再生されたのか」を区別することはできません。

推奨動作環境について教えてください

推奨動作環境は以下の通りです。

  • 対応OS:Windows(7 以降)・Mac OS(10.9以降)
  • 推奨ブラウザ:Firefox(27以降)※, Microsoft Edge, Chrome(30以降)※, Safari(7以降)※
    ※ブラウザでの設定が必要になる場合があります。


「Q.プレイリストを連続再生できません」「Q.どうしてRadar機能はパソコン専用なのでしょうか?」もご覧ください。

Kiiteのアップデートの内容はどこで確認できますか?
開発履歴」にて、アップデート内容を公開しています。いただいたご意見や改善案をもとに日々更新していますので、定期的にチェックしてみてください。
アップデートの内容が反映されません
ブラウザに古いデータが残っていますと正常にサイトが動作しない場合があります。
Chrome、Firefoxなどのブラウザには「スーパーリロード」機能がついており、特定のキー(「Ctrl+F5」など)を押すことで、関連ファイルを再読み込みすることができます。サイトが正常に動かない場合は、スーパーリロードでサイトを読み込みなおしてください。
プレイリストを連続再生できません

ブラウザで連続再生するために設定が必要な場合があります。「Q.推奨動作環境について教えてください」もご覧ください。

  • Google Chromeでの設定(バージョン76以降)
    • Chromeのアドレスバーに「chrome://settings/content/sound?search=sound」と入力して「Enter」キーを押します。
    • 「音声の再生をサイトに許可する(推奨)」がオンになっていることを確認します。表示が「音声が再生されるサイトをミュートする」となっている場合はオフにすると「音声の再生をサイトに許可する(推奨)」に切り替わります。
    • Chromeを再起動します。これで設定は完了です。
  • Google Chromeでの設定(バージョン66~75)
    • Chromeのアドレスバーに「chrome://flags#autoplay-policy」と入力して「Enter」キーを押します。
    • 「Autoplay policy」の項目で「default」をクリックし、表示されるリストから「No user gesture is required」を選択します。
    • Chromeを再起動します。これで設定は完了です。
  • Firefoxでの設定(バージョン66以降)
    • アドレスバーの左側にある、infoアイコンをクリックします。
    • 「サイト別設定」内の「音声を自動再生」の項目を「許可」に変更します。
    • これで設定は完了です。
  • Safariでの設定(バージョン11.0以降)
    • Safariの環境設定を開きます。
    • 「Webサイト」タブの「自動再生」を開きます。
    • 右下にある「これ以外のWebサイトでのデフォルト設定」を「すべてのメディアを自動再生」に変更します。
    • 環境設定を閉じます。
    • Safariを再起動します。これで設定は完了です。
再生されない楽曲があります

以下の場合、楽曲をKiite上で再生することができません。

  • 配信元の楽曲(動画)が削除された
  • 配信元の楽曲(動画)が外部再生を許可されていない


また、プレイヤーの動作性能はお使いのPCのスペック・Webブラウザ・インターネット回線および配信元サイトへの接続状況に依存します。「Q.推奨動作環境について教えてください」「Q.一部の楽曲の音質が悪いのですが」もご覧ください。

一部の楽曲の音質が悪いのですが

再生される楽曲動画については配信元サイトに依存しているため、残念ながら今のところKiite側で対応することができません。対策としては、

  • 安定・高速なインターネット回線に接続する
  • 配信元サイトへのアクセスが集中する時間帯を避ける
  • 配信元サイト上で有料会員としてログインした状態にしてから利用する


など、品質が制限される可能性を減らすことで改善する可能性があります。

ブラウザのタブがバックグランドのときに、Radarで次の曲が自動的に再生されません

Webブラウザによっては、タブがバックグラウンドにあるときにJavaScriptの動作が停止する仕様となっており、Kiite側での対処が残念ながら不可能です。タブを別ウィンドウに分けて最前面にして画面の片隅に置いておくと正常に連続再生が楽しめます。

どうしてRadar機能はパソコン専用なのでしょうか?

現在提供中のKiiteは、サービス全体をパソコンからご利用いただくことを意図しています。Playlist機能にはスマートフォンからのアクセス制限をかけていませんが、もし混乱を招きやすいようであれば制限を今後かける可能性があります。なお、現在提供中のパソコン版Kiiteとは別に、スマートフォン版Kiiteも開発中で、準備が整った段階で公開を予定しています。

サビが表示されません

オレンジ色のサビ区間(楽曲構造)は、「Songle」で解析された結果が表示されています。Songleに手作業で登録することでサビが表示されるようになります。Songleに登録しても解析されない不具合がまれに起きる可能性があり、その際にはお手数ですが不具合報告をいただけるとありがたいです(改善策を検討中です)。

サビの位置・長さを直せますか?

オレンジ色のサビ区間の位置・長さの誤りは、その楽曲からリンクされている「Songle」上の楽曲ページで、正しい状態にどなたでも訂正することが可能です。Kiiteがサビ情報をキャッシュしているために反映に時間がかかりますが、今後、反映時間を短くできる改善を予定しています。誰かがサビの位置・長さを正しく訂正すると、次にその曲を聴く人は正しいサビを利用できる仕組みなので、みんなで少しずつ訂正して、より便利な世界を作っていくことができます!

Kiiteで再生した場合、配信元サイトの再生数も増加しますか?

Kiiteでは再生に配信元サイトの外部プレーヤーを使用していますので、配信元サイトの再生数に反映されるかどうかは外部プレーヤーの仕様に依存します。
現状ではKiite上の再生が配信元サイトにも反映されることを確認しています。

※配信元サイトの外部プレーヤー仕様変更により、異なる挙動が生じる場合があります。

Kiiteで再生した場合、配信元サイトの視聴履歴にも残りますか?

Kiiteでは再生に配信元サイトの外部プレーヤーを使用しています。
そのため、Kiite上での再生が配信元サイトの視聴履歴に残るかどうかは外部プレーヤーの仕様に依存します。

現状、ニコニコ動画については、ニコニコ動画にログインした状態でKiite上で楽曲を再生した場合には視聴履歴も影響を受ける仕様となっています。
ただし、ログアウトした状態で再生した場合は視聴履歴に反映されません。
ニコニコ動画の視聴履歴に残さずにKiite上で再生したい場合は、ニコニコ動画からログアウトしたうえでご利用ください。

※配信元サイトの外部プレーヤー仕様変更により、異なる挙動が生じる場合があります。

Kiiteは、Songriumとはどう違うのでしょうか?

一生かかっても聞ききれない沢山の楽曲との出会いを支援するには、技術の力が不可欠です。そこで、楽曲とそれらの関係性を解析し、楽曲との新たな出会いを可能にしたのが「Songrium」でした。 しかし、ボーカロイド楽曲との出会いをより一層支援するには、技術の力だけで片手落ちで、実は、ボーカロイド楽曲のファンの皆さまの力・ご協力もとても大切です。そのファンの皆さまの力と技術の力が融合する場が、今回のKiiteになればと願っています。

Kiiteでは、産業技術総合研究所のどのような技術が活用されているのか教えて下さい。

楽曲鑑賞・探索インタフェース「Radar(レーダー)」は、音楽視聴支援サービス「Songrium」に基づいて産業技術総合研究所(産総研)が実装しました。産総研の音楽理解技術(特に音楽印象推定技術、類似楽曲推定技術、サビ区間検出技術等)や音楽推薦技術、音楽インタフェース技術等が活用されています。

視聴履歴は公開しないで欲しいのですが、なぜ公開が必要なのでしょうか?

各ユーザーの視聴履歴が他のユーザーから見える音楽サービスは、一般的ではありません。だからこそ、未来の音楽体験を切り拓く上で、視聴履歴が閲覧可能な透明性の高い状態が実は重要な価値を持つ世界を、Kiiteのユーザーの皆さまと模索できればと考えています。たとえば、各楽曲の再生数が本当にその数字なのかは一般のサービスでは第三者検証不可能ですが、視聴履歴を第三者が見ることができるKiite上では可能にできるかもしれません。他にも視聴履歴の公開に基づいて、ユーザーの皆さまに楽しんでいただける先進的な機能を準備中です。なお、「Radar(レーダー)」を使うと視聴履歴が多数の楽曲で埋め尽くされるため、他のユーザーの視聴履歴を見て「各楽曲が意図的に再生されたのか」「自動再生されたのか」を区別できないことも、視聴履歴を公開している理由の一つです。

不適切なコンテンツが掲載されています

Kiite上に掲載されたコンテンツが権利侵害・規約違反などに該当する場合、こちらのフォームよりご連絡ください。
コンテンツが不適切であると判断された場合、Kiite上での掲載は停止されます。

なおKiite上でコンテンツの掲載が停止された場合でも、配信元サイトでは当該のコンテンツは削除されません。
配信元サイトでの掲載の停止をご希望の場合、別途、配信元サイトにお問い合わせください。


Kiite上に掲載されたコンテンツの権利をお持ちの方が、Kiite上でのコンテンツの掲載を望まない場合、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。